• ホーム
  • 角膜ヘルペスの主な症状と目の痒みや視力経過などの程度とは

角膜ヘルペスの主な症状と目の痒みや視力経過などの程度とは

角膜ヘルペスとは目の角膜にヘルペスウイルスが感染して発症し、症状として、目がコロコロする、充血するといったものが挙げられます。角膜ヘルペスを引き起こすのは単純疱疹の原因になっているウイルスです。このウイルスに感染しても普段は三叉神経に潜伏していて、大人しくしていますが、体調を崩して免疫力が低下すると症状が現れます。角膜ヘルペスには上皮型と実質型があり、それぞれで症状や治療法が異なります。

上皮型はウイルスが上皮層で増殖して発症し、目のかゆみや痛みを伴い、不快感が強いのが特徴です。ウイルスの塊が樹木の枝のように見えるので、樹枝状角膜炎とも呼ばれています。病変部をこすり取って、確定診断できます。それに対して、実質型は角膜の中心層である実質層にウイルスが感染して起こります。免疫反応で炎症を起こし、実質層の角膜が丸く腫れて、濁り、円板状角膜炎と呼ぶこともあります。

治療はいずれの場合も薬物療法が中心ですので、その方法について、具体的に見ていきましょう。上皮型の場合は抗ウイルス薬のアシクロビルを用いて、ウイルスの増殖を抑えます。細菌感染を防ぐ目的で抗菌薬の点眼も行います。実質型の場合は抗ウイルス薬とステロイドを併用して、ウイルスの増殖と炎症を抑えます。尚、ステロイドは適量にしないと、かえって角膜の病変が悪化し、実質型は角膜に濁りが残ると視力が低下します。この状態になると視力を回復させるのは困難になり、角膜移植が必要になります。ただ、角膜は提供者がいないと移植できません。すぐに移植できないこともあり得ることを念頭に置いてください。

角膜ヘルペスの再発を完全に抑えることはできません。規則正しい生活をして、体調管理をしっかり行いましょう。そうすると、再発リスクを下げられます。万一、再発させてしまった場合は早期に眼科医の診察を受けると、重症化のリスクを低減できます。尚、角膜ヘルペスは通常、第三者に感染することはありません。

ところで、角膜ヘルペスの予防という観点で欠かせないものがあります。それは、コンタクトレンズの装着時の衛生管理です。目に直接装着するものなので、衛生管理が重要になります。使用法を確実に守り、眼科医での定期検査も受けましょう。ステロイド薬のような免疫を抑制するものにも注意が必要です。正しく服用しないと、必要以上に免疫力を低下させます。角膜ヘルペス再発の要因にもなりかねません。

再発につながるリスクをよく理解することが大切です。潜伏しているウイルスを完全に駆除する技術は現段階ではありませんから、ウイルスの活動を自身でコントロールしていきましょう。